たくましく

 保育園に入るということは、本人にとってもいろいろ試練がありますね。今まではなんだかんだ言っても、大人ばかりの中で生活していたんだなと気づきました。初めてお母さんのもとを離れて、同年代の赤ちゃん達だけの中で、いわば生き抜かなければならないわけなんですね。

 

 今朝保育園に送りに行った際、彼はさっそく目の前のおもちゃで遊び始めていたのですが、となりにいた男の子にいきなり耳を引っ張られ、ビ~と泣いているほっぺたをまたグニュっっと平手でつねられていました。

 号泣して先生に抱きあげられ、鼻水爆弾を両方でパンパン飛ばしながら私に助けを求めていたのですが(風邪で青っぱなが出ているときに本気で泣くとおっそろしいことになりますね。)、もう先生が抱っこしてくれているし、あんまり手を出しちゃいけないと思い、そっと帰りました。

 新入りはよくちょっかいを出されるとか。どこの世界も同じだな~。

 それにしても、かわいそうで、涙がちょちょ切れそうでした。

 でもまあ、兄弟がいれば家でもそんなもんだろうし、これからも子ども同士はそういうことがしょっちゅうあるだろうから、見守るしかないですよね。

 大人の世界でも大なり小なり不合理な事はありますし、子どもの世界も確かそれなりに結構複雑だった。

 まだ何も分からない0歳児だけど、これからいろんな経験をして、たくましくなってほしいな、と思いました。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailby feather

保育園デビュー

 我が家のチビ介くんが保育園デビューして1週間。

 慣らし保育と言って、1時間からスタートし、今日は、はじめての給食でした。完食したらしいです。ホっと一安心。

 なかなか慣れずに泣く子も多いと聞くので、送り迎えのときに、そっと様子を見ていたりするのですが、家では甘えてそばから離れないのに、結構たくましくみんなの輪の中に入っておもちゃを取りに行っている姿が、意外でもあり、おもしろかわいくて仕方ありません。そうやって、大きくなっていくんだな~。

 しかし、今日はお昼に帰ってきていざ、昼寝をさせようかと思っていたら、お股の間からおしっこが滝のように落ちてきました(驚)。本人もさすがにびっくりしたようで、ぼう然と自分の足元を見つめてましたよ(笑)。ふとんに水たまりができる勢いでしたから。

 なんじゃこりゃ!と思ってよく見ると、オムツがおちんちんでひっかかっていたので、全く役目を果たしていない状態でした。

 たぶん、仰向けに寝かされることを極端に嫌がる我が家のチビ介が、オムツ替えの時に暴れまくったのだとは思うのですが、、。

 毎日いろんなハプニングがあり、大変だけど、最近は表情や感情もはっきりしてきて、楽しい今日この頃です。

 

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailby feather

大元地区で

 今日は、大元地区で読者の方や後援会ニュースを届けている方をお訪ねして、ごあいさつさせていただきました。

 どの方も、今の政治に対する不信感でいっぱいでしたよ。本当に民主党にはがっかりした。うんざりだ。やっぱりな。等々などなど。自民党にも期待しないけど、日本共産党は、もうちょっとがんばってくれないと(あまりにも小さくて影響力が、、)という声もありました。

 

 たとえ少数でも中身は濃いですよ~。現場主義で政府を動かした実績も多々。鳩山さんに具体的に進言できているのは、志位さんだけですし。この庶民の代弁者をひとりでも多く、というのが私達の願いです。

 名前だけ変えて新装オープンする新党などに騙されないようにしなければ!!ね。店員さんは同じ顔ぶれですから。

 改めて、80年間、庶民の立場を一貫している日本共産党の存在価値は高いナリ。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailby feather

庭瀬で

 今日は、庭瀬地域でごあいさつ回りをしました。

が、なんと途中で名刺が切れて、アンビリーバブル!!補充したつもりだったのに、、。せっかく、時間を割いて連れて回ってくださっているのに、全く意味が無い。

 みなさん初めてお会いする方ばかりで、やはりどこの誰?という感じですし、まだ1年も先の候補者だからきっと名前は忘れてしまう。せめて名刺は必須アイテムだったのですが。。。。

 それにただ挨拶をするだけではなく、他の候補者なども挨拶に来るようだったので、日本共産党は違うんだ!とか、私はこれで頑張るんだというアピール力も持たないと印象には残らないですよね。。

 しかし、いつもしんぶん赤旗の集金をされているMさんが一緒に回ってくださったのですが、信頼関係ができているな~と感じる場面が多かったです。さすが。。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailby feather

はじめて対話しました。

 名刺もできたので、今日の宣伝活動で初めて活用することができました!(名刺作成に時間がかかりましたが、知人がデザインしてくれ、かわいい名刺ができました!!)

 今日は、大元地区に宣伝カーで繰り出しました。途中、犬の散歩をされていたお母さんが、「自民もダメ、民主もダメ、共産党しかない。まわりでみんなそうようる。120万円しかない年収で、年間9万円近くも保険料で引かれる。何とかしてほしい」と言われていました。

 岡山市はまた保険料が値上げされるということ。これまで日本を支えてきた方々に何と冷たい政治でしょう!

 たとえ少数議席でも、こういう切実な声を吸い上げて、国政の場でするどく追及できるのは、日本共産党だけです。財源なども綿密に調べて自信もあるし、何の利権関係もないからだと思っています。

 少数議席でも日本共産党の存在意義は大きい。多くの方に知ってもらわなければ、と改めて思いました。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailby feather

帰ってきました。

8日の深夜に自宅に到着しました。

前日までは半袖で汗ばむ陽気でしたが、帰ってきたら小雪が舞う天気でびっくりしました。

 

 久しぶりのニュージーランドでは、たくさんの旧友にも会え、預かっていただいていた荷物も何とか整理できました。しかし、日本では10日間も不在にするのは勇気が要りましたが、向こうの人からするとみなさん口をそろえて、強硬スケジュールの旅だと言われました。たしかに、空港でたまたま横にいたアメリカ人のご夫婦はニュージーランドに1か月もホリデーで滞在していたようです。すごい。

 今回改めてびっくりした話、ニュージーランドでは、公立の病院は全て無料。友人の一人が脳に腫瘍ができて治療した際、飛行機で2時間かかる病院への交通費も、2か月間の滞在費も、家族のお見舞いの国内交通費もすべて無料だったそうです。なにも気にすることなく治療に専念できるのはうらやましい限り。ただ、消費税は12.5%だし、公立病院は込みあっているということですが。。

 保育料も週20時間までは無料になったとか。年金も一定条件を満たせば、非納税者であっても一応受け取ることができます。公立であれば高校まで授業料も基本的には無料。

 現在は失業率が高いようですが、まだまだ高福祉の国といえるかもしれないなと思いました。

 日本では、どんどん社会福祉が削減されてしまいました。このままでは本当に弱者切り捨ての国になってしまいます。誰にとっても明日は我が身と自分のこととして、真剣に考えなければと思います。

Photo

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailby feather

ニュージーランド行き

 こんな大事な時期に、と思うのですが、、、

1年くらい前から、行くなら育休中しかないと思って計画いたので、強行することにしました。いまや育休どころではないのですが、、、。

明日から約1週間、ニュージーランドに行ってきます。

 5年前、一時帰国のつもりが、永久帰国になったてしまっため、現地の恩人に預けてきた荷物がそのままになっていたのです。段ボール箱数箱をガレージに置かせていただいたまま5年もたってしまいました。。。本当にすみません。。

 今回は、下の妹がオーストラリアにいるので、シドニーにも立ち寄ります。8か月の息子も連れて行くので、母にも同伴してもらうのですが、なんと直前になって姪っ子(5歳)も来ることになりました!

 確かに、もうこの春に小学生になるのだから、親元を離れても大丈夫かも?!そして、異文化に触れる滅多とないチャンス。そして、きっと当分巡ってこないチャンス。今なら何でも分かるし、吸収することができるから、きっと何か肌で感じてくれるはず。

 一気に、何やら大変そうだけど楽しい旅になりそうな気配です。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailby feather

市政に?! その4:家族、決意

最後に、両親について。

 終戦記念日に生まれた私に平和を望んで「のぞみ」と名付けてくれました。  まさに、”実直”とか”きまじめ”という言葉が似合うような2人で、決して派手ではないけれど地道に生きてきた人たちです。今思えば、知性とか理性とかもこの両親から学んだのかもしれません。(備えるところまでは、、、ですが)

 小さい頃から、こんな両親が一生懸命応援する日本共産党は身近に感じていました。あんまり世間には聞き入れられてないけれど、正しいことを言っているんじゃないかという事は感じて育ってきました。

 ただ、成人後も政治にはずっと興味がなく、自分の夢ばかり追いかけていました。10年ほど。ね。

 

 

 ひとりの母になった今、思うのは、私の名前に託した両親の平和への願い、生まれたばかりの息子の世代には、本当の意味で実現できていてほしい、

 そして彼らが大人になる頃には、派遣村も必要ない、老後の心配も要らない、子育てのしやすい、ハンディキャップも関係ない本当にひとりひとりが大切にされる世の中になっていてほしい。という当たり前の願いです。

 

 そのために、私にできる事があるのなら、、、このまま何もしないよりは、イバラの道でももうひとふんばり、がんばってみよう!!、、(かな?)、、という思いになったのでした。

 泣いても笑っても人生一度きり、後悔の無いように生きてみたい、、、、、し、 いつの日か、チビ介秀ちゃんに誇りに思ってもらえるような母親になりたい、、、。な。

 そんな思いで、がんばることにしました。

 

 決意した後で思えば、イバラの道は、半端じゃなくイバラっぽく、早くも子育てとの両立に限界を感じそうです。。。。。が。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailby feather

市政に?! その3:金ちゃん

 5年前の瀬戸内市議選挙では、もう一つの衝撃的な出来事が!!それは、現在の夫である金ちゃんにであったことです。ウヒ。☆ 今でも最初に会った(見た)瞬間のことを覚えていますよ。”ビビビっ”と言うわけではないですが、誰かと電話をしていたその背中になぜか(?)とても好印象オーラを感じました。不思議ですね~。振り返ってビックリですけど。ブヒ。☆

 金ちゃんは、人権問題を扱う団体で働いており、NPO法人で福祉施設の運営にも関わっています。子どもの頃に父親を亡くし、6人兄弟の末っ子としていろいろ苦労してきたからか、「強き」をくじき(?)、「弱き」を助けたい的な正義感の強い心温かい青年でした。彼の人懐っこさとユーモアのセンスには、今でも本当に助けられています。私にとっては、一時帰国のつもりが、永久帰国になり、そして市政に挑戦するという転向につながるのですから、人生って分からないですね☆運命の出会いっていうやつです。きっと。

 今回の話については、彼も本当に悩んだようです。いろんなところでどうしても家庭が犠牲になる仕事ですから。

 一番気になったのは、やはり一人息子のこと。寂しい思い、つらい思いをするんじゃなかろうか、、、。 、、、、、。

 でもきっと、この子は分かってくれるだろう!!!!!と、最終的には、全力でサポートするから、と私の背中を強く押してくれたのでした。彼の決断は、、、やはり大きかったですね。(つづく)

 

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailby feather

市政に?! その2:幸ちゃん

 衝撃的だったのは、5年前の春、高校の同級生だった幸ちゃんが瀬戸内市議に立候補したことでした。

 まだ29歳だったし、独身だったし、いろいろ偏見もある日本共産党からだったし、、。すごい勇気だと思いました。

ちょうどニュージーランドから一時帰国していた私は、泊りがけで選挙のお手伝いに行ったのです。

 

 それは、私にとって日本共産党の歴史やあり方や主張を改めて知る良い機会でした。

 強く共感できたのは、政党助成金や企業献金を一切もらわないからこそ本当に弱者の立場で(たとえ少数議席でも)政治ゆがみを追及できるんだということと、先の大戦中から命がけで平和を訴えてきた唯一の党であるということ。

訴えている一言一言に、真実味と入念な調査に裏打ちされた説得力を感じて、素人ながら応援していることに誇りを覚えました。

 当時9位当選した幸ちゃんは、4年間数々の実績を重ねて、2期目となる09年春の選挙では見事トップ当選でした。

 

 弱肉強食みたいな今の世の中で、弱者を守るのは政治の責任。たとえ、たとえまだまだ少数派だとしても、日本共産党の必要性を感じたのでした。。。(つづく) 

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailby feather

子育て奮闘中の岡山市議2期目です。