サポータ のすべての投稿

1734人の「保育園落ちた!」に本気で取り組まねば! 共産市議団として緊急申し入れ

IMG_2968IMG_2988

 

「保育園落ちた!」が岡山市でとんでもなく深刻な事態になっています。

今年1月26日時点で、1734人が入園できない状態です。昨年の同じ時期を上回る状況で、本気の本気で取り組まなければならない最重要課題の1つです。

市議団のみんなで話し合って、今日、待機児童解消に向けた緊急の提言をしました。

私は参加できなかったのですが、市議団として市民のみなさんの切実な声を届ける活動です。

 

対策に何よりも有効なのは認可保育園を増やすこと。お母さんお父さんたちの願いは「わが子を安心して預けられるところを」です。

そしてそのためには、保育士の確保もセットで必要です。住宅手当や条件付きでも返済不要の奨学金制度などの支援を求めました。

また、市内の市立幼稚園には多くの空き教室があり、すぐそばに小学校がある場合も多いことから、給食の課題にも対応しやすく、ここを認可保育園の分園などにすることによって、施設整備のお金や手間をそれほどかけずに、子どもたちを受け入れることができます。

やむを得ず、認可外保育施設に入所する児童も多いはずです。どうしても利用料が認可園に比べて高くなりがち。市の対策が追い付かずに「待機児童」になってしまっているのだから、利用料に助成するなど市の責任を果たすべきです。

そして、対策をとる前提となるのは、保育のニーズの将来予測です。市は、これまでの将来予測は3000人ほど上方修正しましたが、それでも2017年度をピークにそのあとは右肩下がりになる予測ですが、どう考えても、これからまだ保育需要は増えるとしか考えられません。市の予測を見直させないことには対策の大幅な拡充が期待できません。

 

私の所にも、多くのとてもつらい苦しい「保育園落ちた!」相談が寄せられています。子どもと家族が安心して住み続けられる岡山市のために、2月議会も全力で頑張らねば!

 

 

 

 

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailby feather

性的マイノリティ啓発パンフができました!

「先生に知ってもらいたい多様な性(表紙)」(1701岡山市)

学校の先生向けの多様な性に関する啓発パンフレットが出来ました。

岡山市教育委員会のホームページからもダウンロードできます。

啓発パンフのダウンロードページ(岡山市教委HP)

 

LGBTなど性的マイノリティの人は、人口の7.6%いると言われ、学校でも1クラスに2~3人はいる計算になります。

そして、思春期の多感な子どもたちは、自分の心と体のことで悩んだり周りの不理解に苦しんだりして、自殺リスクがそうでない子の6倍もあると指摘されており、学校での理解と対応がとても大切です。

パンフレットは、性的マイノリティの当事者団体の方と岡山市が協働事業で作成したもので、全学校に配られるほか、市教委のホームページからもデータをダウンロードできます。

私も昨年11月議会で質問したり、特別委員会でも議論を重ねてきたことなので、実現して、うれしいです。

学校で苦しみ悩む子どもたちがゼロになっていきますように。

 

 

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailby feather

受動喫煙・保育・性的マイノリティの権利保障について質問しました ~11月議会個人質問~

img_1808

11月5日の個人質問初日に登壇しました。

質問趣旨は、「日本共産党岡山市議団ブログ」から抜粋します。

↓↓↓

http://d.okjcp.jp/

~~~~~~~~~

2016年11月定例岡山市議会で、個人質問初日の12月5日、5人目の質問に立った田中のぞみ市議は、①受動喫煙防止、②待機児童解消、③性的マイノリティの権利保障の3テーマで論戦しました。

 

①受動喫煙防止では、たばこの煙は「北京での冬場の汚染程度が最も高いレベル」と同等との答弁があり、たばこの煙に含まれる非常に小さい粒子が肺の奥まで入り込んで、喘息や気管支炎など呼吸器系疾患、肺がんのリスク上昇、心臓など循環器系への悪影響もはっきり確認されているなどの答弁がありました。

これらの答弁を受け、田中のぞみ市議は、厚労省の委託研究をしている大和浩・産業医科大学教授の発表資料や、全国の政令市の庁舎で建物内や敷地内の禁煙が半数を超えていることなど、さまざまな資料を示して、対策を取るよう厳しく求めましたが、当局は「国の動向を注視して」と繰り返し、岡山市の認識が数年前から発展しておらず、時代の流れに乗り遅れていることが浮き彫りになりました。

 

②待機児童解消の課題では、最初に答弁に立った市長が「これまでも公定価格の見直しの中で保育士の処遇改善を実施しているところだが、議員ご指摘のように岡山市独自の処遇改善策についても、今後、国が行う新たな処遇改善の動向も見極めながら、保育士の定着や潜在保育士の就職につながる内容を検討していきたい」と述べました。

市長はこれまでも、保育士の処遇改善については、「国に要望している」「より金額の高い東京などに新卒保育士などが流れていく」などと繰り返し発言しており、今回、市独自の処遇改善について検討していくと表明したのですから、ぜひ、実効性のある内容を、スピード感を持って具体化していただきたいものです。

 

受け皿確保の課題では、0~2歳を預かる地域型保育などの事業者で、昨年と今年合わせて19事業者のうち10事業者で3歳以降に入園できる先を確保できていないことが明らかになりました。

また、幼稚園の空き教室について、「民営化によるこども園への移行や私立保育園の分園などによる活用を検討していく」などとし、前提条件なしに直ちに活用する考えを持っていないことも明らかになりました。こども園化などを前提にしていては、活用のスピードが遅くて現状にかみあわないという大きな問題が生じます。また、施設整備をいわば「交換条件」にして、こども園化への同意を迫るかのようなやり方で本当によいのか、疑問です。

さらに市は、幼稚園での緊急一時預かりを利用した場合は待機児童のカウントから除くと述べ、困っている親子みんなをきちんと見据えてその全体をカバーできる政策を考えているのか、不安が深まる答弁内容が続きました。

 

③性的マイノリティ(少数者)の権利保障を求めた質問では、田中議員は、推進体制を「さんかく岡山」に一本化すること、パートナーシップ条例などの制定、学校での教職員への啓発や教育の徹底、市有施設の多目的トイレの表示改善などを求めました。

市は、引き続き、関係機関、民間団体、庁内各部署などと協力連携しながら多様性を認め合い、人権を尊重する取り組みを推進していくなどとしました。

その上で、パートナーシップ条例などについては、現在は市民への啓発が不十分で社会全体の理解を促進する段階だという認識を示し、当事者の悩みや生きづらさを解消するための支援や、多目的トイレの表示について、当事者団体や関係部署と協議しながら検討していくとしました。

学校での教職員への啓発については、当事者団体が市民協働でつくった啓発パンフを今年度中に全ての学校に配布し、来年度には養護教諭などに研修することや校内研修のテーマの1つにいちづけることなどと答弁しました。啓発パンフは、全教職員分はつくっていないとのことですが、ホームページでダウンロードできるようにするとのことです。

市民や教育現場での啓発はもちろん重要なことですが、行政や学校がさまざまな少数者に「味方だよ」と発信していくことや、具体的に役立つ制度や仕組みをつくることも大切なことです。引き続き、市の認識の発展と具体的施策の前進を求めていく必要があります。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailby feather

代表質問の項目を提出しました

3月3日(木)に行う代表質問の項目を、先ほど最終期限前に提出しました。

先週木曜に第1稿を出した後、金曜と今日2日かかって練りこんだものです。

質問時間は、3日の午後です。前の方の流れによりますが、おそらく13:30ごろからと考えています。

ぜひ傍聴においでください。

インターネットで生中継を見ることもできます。

岡山市議会 インターネット議会中継

 

 

1 市民の暮らしを守る市長の政治姿勢について

(1)憲法と市民生活について

(2)アベノミクスと市民生活につい

(3)持続可能な社会実現に向けて~福島原発事故から

 

2 長期構想と岡山市の方向性について

(1)都市ビジョンからの方向転換

(2)来年度予算について

 

3 安心して暮らせる福祉のまちづくりについて

(1)国民健康保険制度について

(2)介護保険制度について

(3)がん対策の充実について

(4)障害児者施策について

 

4 子どもの貧困対策について

(1)市独自の対策計画策定で体制強化を

(2)学校こそがプラットホームに

 

5 誰もがあこがれる充実の子育て都市とは

(1)子ども医療費助成について

(2)就学前の教育・保育施策について

(3)保育料の軽減について

(4)学童保育の充実について

 

5 岡山市の教育課題について

(1)真の学力とは何なのか

(2)教職員体制について

 

7 ひとりひとりの人権が大切にされるまちづくりについて

(1)人権政策の見直しについて

(2)男女共同参画社会の実現について

(3)LGBT支援について

 

8 公共交通政策について

(1)新たな総合交通計画について

 

9 安全・安心で持続可能なまちづくりについて

(1)防災対策について

(2)空家対策について

(3)市営住宅の充実について

(4)用水・道路等の安全対策について

(5)苫田ダムの治水転用について

 

10 文化芸術施策について

(1)市民参加の文化芸術施策について

(2)新しい文化芸術施設について

 

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailby feather

代表質問に立ちます! 3/3(木)13:30頃~

傍聴案内(2016.02月 代表+河田個人)

 

2月議会で、日本共産党岡山市議団を代表して、質問に立ちます。

日時は、3月3日(木)の午後1時30分頃から。(前の質問状況によって前後する場合があります)

もともとは朝10時からとご案内していましたが、変更になっていますのでご注意ください。

皆さんの”のぞみ”を全力で届けます。

ぜひ見に来てください。

 

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailby feather

保育料軽減について「前向き検討」と市長答弁!

11月議会の個人質問が終わりました。

保育料について、岡山市は政令市中で最も保護者負担率が高くなっています。(ということは、世界でも最も高い保育料?!ではないか、と思っています。)

さらに、4月からの保育料改定の際、年少扶養控除の「みなし適用」を外したことにより、子どもが3人以上いる家庭で軒並み値上げになっています。全国の自治体でも問題になっています。

国は3月の時点で、継続園児については「みなし適用」をしても財源措置をする旨の通知を出しています。

⇒岡山市は、値上げになっている実態も把握していないという答弁で、なぜ「みなし適用」を継続しなかったのかもあいまいでした。最後に、市長に子育て支援に大きく逆行している!!と所見を求めたところ、「現状のままでよいとは思わない。前向きに検討していきたい」と答弁がありました!!

第3子以降は保育料を無料とする自治体も出ています。働きながらでも2人目3人目を産もうと思える岡山市にしてほしいです!!

その他の項目については次回に。

IMG_4131

↓ 今気づきましたが、最後に市長、笑ってる。何卒よろしくお願いします!!

IMG_4245

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailby feather

質問時間が決まりました 12/9(水)午後1時ごろ

傍聴案内(2015.11月議会)

 

11月定例岡山市議会での個人質問の日程が決まりました。

12月9日(水)の4番目で、開始時間は午後1時からと見込んでいます

(議事進行によっては前後する場合があります)

 

質問は一問一答方式で、4つの大きな項目で取り組みます。

1 新しい文化芸術施設について(新市民会館移転の課題)

2 国民健康保険料の引き下げを

3 保育料について

4 地域ねこ活動の普及について

 

資料は、控室で当日の朝お渡ししていますので、よろしければお立ち寄りください。

 

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailby feather

11/4~5に環境消防水道委員会で視察に行ってきました

1

2

3

4

5

6

4日は岐阜市を訪れました。地中熱ヒートポンプの普及についてです。地下水の豊富な岐阜市では、井戸も多く、ポンプで汲み上げて空調に利用するこのシステムを奨励しています。最新の図書館は、エアコンなしで、地中熱システムと天井の空気調節でとても快適!超エコな施設でした。隣に新市庁舎が建つそうです。

5日は、名古屋市で水の歴史館を訪れました。水道事業で地震対策に力を入れています。

 

 

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailby feather